剪定と伐採の主な違い│伐採にも種類があります

親子

早急な措置

木

間伐をしなければ、土地がやせ細り自然界にも大きな影響が出てくるので間伐をしないといけない森林のポイントを押さえて早急に作業をする必要があります。間伐にもいくつか種類があるので、知っておくと便利でしょう。

もっと読む

費用の掛かるポイント

男性

木の伐採業者にも、いろんな業者があるのでかかる費用も異なってきます。なので、少しでも安くすませたい場合は、どういった所に料金が発生しているか確認しておくと安心です。

もっと読む

方法の違い

メンズ

多くの人が、伐採という言葉を耳にしたことがあると思いますが同時に剪定という言葉を耳にしたこともあるでしょう。伐採と剪定を同じように耳にしていますが、どういった違いがあるのか詳しく知っている人は少なくありません。なので、ここで違いについて説明します。まずは伐採の意味についてですが、この方法は生えている木を根元から切り倒す方法の事を指します。枝などを切るだけではなく、場合によっては根元から切り倒すこともあるでしょう。しかし、剪定は伐採とは違い木の枝を切断したり、余分な葉を切ることで形を整える方法の事を言います。剪定は、庭などの木の形を整えることに使う方法ですが、伐採は森林に生えている木を切り倒す方法なのです。

伐採には、種類があり用途によって使い分けることができます。例えば、皆伐です。この方法は、一定の区間に生えている木々を全部切り倒し排除します。新しい土地の整備をする場合に持ち入れられることが多い方法でしょう。その次に多い方法が、間伐です。木々を丈夫に育てる為には、敷地に生えている木の調整をする必要があります。あまりにも多くの木々が生えてしまうと、全ての木に栄養が行き渡らなくなり細くて弱い気に成長する可能性があるので、そういった事態を防ぐためにも木の量を人工的に調整して成長を促しているのです。その他にも、伐採をする理由はいくつかありますが、どの方法を利用しても切り倒された木は大切な資源として使われています。

安全な方法

伐採

個人で庭木を伐採する場合は、必要な道具を事前に揃えて危険がないか確認したうえで行ないましょう。大きな木の場合は無理せず業者に依頼するほうが一番安全な方法といえます。

もっと読む